医療事務の仕事を探して数か月の葛藤

医療事務の職探しは困難を極める場合があります。
求人も多いのですが、1人の採用枠に何十人もの応募者があります。
とても経験だけでは勝ち残る事は出来ません。

医療機関によって欲しい人材も異なります。
年齢制限をしている病院・医院もあります。
経験はない方が良いと考えている場合もあります。

私が初めて医療事務の面接に行ったのは条件の良い診療所でした。
この時は「経験者優遇・未経験者可」と記載されていた求人広告を見て応募したのですが、経験者の応募が多かった様で不採用。
その後、何件か条件の良い所の面接を受けましたが、結果は惨敗でした。

考え方を変え、まずは経験を積むしかない事に気付き、条件の悪い所で採用となりました。
ここで数年勤めて経験を積み、新規開院の診療所へ転職成功となりました。

受付だけなら未経験でも問題ないと思いますが、レセプトまでやる医療事務は経験重視なのかなと思います。

そして出産を機に退職し、引っ越した先がいわゆる田舎。
子どもを保育園に預け、働く事の難しさを痛感しました。

医療事務として働きたかったのですが、電話で断られてしまう事も度々。
面接までいっても質問される内容は決まって「診療が長引いてしまった時や、お子さんが急に熱を出したりした時は誰か見ててくれる人はいますか?」と。
保育園は熱が出たら直ぐに呼び出され、お迎え要請。
夜は預かってくれないので長引く診療には対応出来ません。

心身共に疲れてしまいましたが、医療事務を諦めたくなくて就活継続しました。
結果、3ヶ月の月日を経て、正社員として採用してくれる病院に巡り合いました。

子育てに理解のある病院で、看護師さんや他の職員も子育て中の方が多く、大変働きやすい職場でした。
きっと職場の色みたいなものがあって、見えない採用基準がある様な気がします。
諦めなければ最高の職場と出会えるチャンスもある事を学びました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加