医療事務を経験してみて分かった事

医療事務を経験してみて分かった事は、事務という名は付いているけれども、サービス業だという事です。
実際には事務職に分類されると思うのですが、仕事内容的にはサービス業に近いものがあると私は感じました。

医療事務の資格を取得する時に学んだ事は、点数の計算方法が主だったのです。
なので、私は点数の計算が間違わなければ、患者さまからの金額の徴収も間違えなく行えるので、医療事務とは計算方法をしっかりできればいいものだと考えていました。
医療事務技能審査試験.com

しかし、実際の現場で働いてみると、非常に患者さまと接する事が多いという事が分かったのです。

まず、患者さまがいらっしゃったら、今日の体調を聞きとります。
もし、診察を待つ時間が辛いようであれば、横になるスペースを用意します。
その合間も保険証の確認を行ったりし、他の患者さまから診察の待ち時間が長いなどのクレーム対応をこなさなければなりません。

診察が終われば、薬の処方箋の有効期間の説明、次回の予約、入院が必要ならば、手続きの案内、などドクターやナースに診察・処置をしてもらってる以外は、ほぼ患者さまと関わっているのです。

一昔前の病院だったら、患者さまよりも上から目線で“見てやってるんだ”という感じで受付から一歩も出ることなく済まされたかもしれません。
しかし、現代は患者さまが病院を選ぶ時代で、潰れる病院も数多くあります。
そうした中、病院はいかにサービスを良くし、患者さまを取り込んでいくのかが鍵なのではないでしょうか。

私の通う歯科医院の受付の方は医療事務兼、保育士の資格を取得していて、小さいお子さん連れの方は、親の診察の間お子さんを見ていてくれるサービスがあります。

こうした事から、これからの時代はサービス向上のため、医療事務というだけではなく、さらに付加価値が求められていくのではないかと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加