総合病院にすべての専門医がいるわけではありません

病院はその規模にもよりますが、様々な専門医が勤務しています。

内科だけでも心臓や血管が得意な循環器内科、胃や大腸、肝臓などの消化器内科、脳梗塞やてんかん、パーキンソン病などの神経内科、糖尿病内科、白血病などの血液内科、喘息や肺がん、肺気腫の呼吸器内科といった具合です。

しかし最近マスコミで報道されているように多かれ少なかれどの病院も医師不足に悩んでいます。

したがって、A病院には呼吸器内科専門医がいるが、消化器内科専門医はおらず、B病院には消化器内科専門医はいるが、血液内科専門医はいない、といった状況の病院がほとんどです。

注意が必要なのは病院が標ぼうしている診療科、つまり病院が“こういった科の診療をしていますよ”という広告は専門医がいなくても表示が許されているということです。

たいていの病院の入り口には診療科が表示してあります。

しかし例えば、肺炎を診てもらいに、呼吸器科を表示している病院に行って、実際に肺炎を診療してもらったけれど、診療したのは呼吸器の医師ではなく、糖尿病の医師だった、ということが起こりえます。

ただし、糖尿病の医師だから肺炎の治療がヘタ、というわけではありません。
ポイントは専門医に診てほしくて病院にいくのであれば、その分野の専門医が行きたい病院に在籍しているのかどうかをよく調べましょう、という点です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加