終末期を病院で過ごすか、在宅で過ごすか。

一昔であれば、家で最期を迎えるというのが当たり前でしたが、現在の認識といえば病院に入院するということであると思います。しかし、本当に最期を病院で迎えたいと皆さんが思っているでしょうか。

ご家族の負担や、スムーズな医療処置を考えるともちろん病院の方が精神的にも身体的にも楽であるかもしれません。また、病院に入院していないと逆に周囲より「なぜ、入院させないの?」と言われてしまうのが現在の流れかもしれません。

しかし、かなりゆっくりなペースではあるものの徐々に在宅医療を行っている医療機関が増えてきており、在宅での最期を考えてもいい時期ではないかと思います。

もしかしたらご本人としては、生活し慣れた場所で最期を迎えたいという思いの方がいるのではないでしょうか。

夜間の医療体制においては、24時間で対応してくれるので、「連絡がとれなかったら・・・」という不安はありません。もちろん周囲のサポートがあっての在宅生活であるので、ご本人だけの意見では決定できない問題ですが、少しでも在宅での医療を考える機会があるのであれば、ぜひ医療機関や役所に相談し今後の医療について考えてもらいたいなぁと思います。

私は在宅リハビリで医療に携わってきました。精神的にも身体的にも疲れることはあるでしょうが、最後はご家族もこれでよかったと満足されているところが多かったように思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加