手術室まで付き添える病院と付き添えない病院

当時5歳の次女が、アデノイド、扁桃腺切除、耳にチューブを入れる手術のため、1週間ほど市立病院に入院しました。

三女が以前違う病院、違う病気で手術をした際は、親は手術室内に入れず、手術室の前で別れなければなりませんでした。

これから何をされるか不安な時に親が付き添えないというのは、こどもが大変かわいそうですが、規則なのだからしかたがないと思っていました。

当時2歳だった三女は私と別れる時、当然ですが号泣してしまいました。

しかし、次女の入院した病院は、こどもの気持ちを考えて手術室に親の入室を認め、こどもが麻酔をかけられて眠るまでそばにいさせてくれました。(当然手術中は中に入ることはできません。)

手術室に入ることができる病院の方が珍しいのだと思いますが、この病院のように患者の気持ちに寄り添ってくれる病院もあるのだとわかりました。

手術前は、たとえ大人であっても不安なものです。まして小さいこどもなら言わずもがなです。

手術ではなく、採血をする際も病院によって対応が違います。

こどもの採血をするとき、親が一緒にいることができる病院と、できない病院。病院側の事情もあるのかもしれませんが、不安を取り除くためには親が一緒にいられるようにしてほしいと思います。

この病院のように患者の気持ちに寄り添った病院が日本にもっともっと増えるように祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加