病院通いの1年でした

振り返ってみると今年1年は良く病院に行った1年のような気がします。

医療関係の仕事をされている方はほんとに儲かるなあ~と思いました。

自分の親族も医者をしていますが、たまに暇な時に様子を見に行っても医療関係の器具などを扱う会社の方が来ていろいろと医者という立場にいるだけで寄ってくる人がいるんだなあ~と感じています。

自分は、歯医者に始まり耳鼻科に内科とこの1年何かしら病院に行きました。

最初耳の奥が痛くなってきて熱が出たのですが、熱が下がってからも耳垂れがおさまらず病院に行きました。

すると耳鼻科に言ってくれと言われたのですが、診察時間はわずか数十秒。
初診という事もあり保険も入れて800円以上取られました。

わずか数十秒で「耳鼻科に行って」の一言で1000円近く取れる医者は本当に儲かるんだろうなあ~と痛感しました。

歯医者も同様で、中にはちゃんとした医療の時もありますが取れた銀歯をはめてもらうだけ時間にして5分もあったかないかで、1800円くらい取られました。

もはや医者や歯医者が金のありがたみなど感じていないのはわかっていたにしても儲けてるなあ~と再確認しました。

病院や医療現場ではそういう単価が当たり前の事なのでしょうけれど、自分みたいな貧乏人にはこれから老後の医療代としては高くつきそうで不安です。

幸い親族が病院をやっているので、なるべくそういう知り合いの病院に行って医療代を浮かしていけたらと思っております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加