医療事務と病棟事務って何が違うの?

医療事務という職業はほとんどの方が求人情報などで目にした事があると思います。
それに比べ病棟事務というのはあまり目にする事がないのではないでしょうか。

病棟事務は入院病床のある病院のナースステーション内が仕事場となります。
医事課に所属している場合や看護部に所属している場合など病院によって違いますし、病院の直接雇用ではなく派遣で対応している病院も多いようです。
医療事務として働く中で、病棟に配属される事もあります。

仕事内容は入院患者さんの医療費の計算、入退院処理、電話応対、患者さん対応、面会者対応、ナースコール対応、、医師・看護師の事務サポート、他部署連携、検査予約など。他にもイレギュラーで色々な仕事をこなします。いわばナースステーションの総務的役割を担う職種です。

医療事務経験者であれば入院費の内訳なども把握出来る為、より高度な病棟管理が出来ます。
医療事務の仕事との違いは外来に携わらない事、レセプトをやらない等かと思います。
病院によってはレセプトをやる病棟事務もいますが、基本はやらない所が多いと思います。

各病棟に一人の配置は難しく2~3病棟を一人で掛け持ちしている現状があります。
忙しいながらも基本一人なので自分のペースで仕事が出来るのは魅力です。
医療事務か病棟事務かは好みの問題の様な気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加