病院で貰っっている小児用の処方箋。

大人になってから風邪をひいた時って大体、病院から貰う処方は大人用になると思いますが、自分の場合は何故かいつも小児用の場合があります。

全て理由がありまして、カプセル及び錠剤が飲めないと再三お願いしているからだとは思うのですが、毎回小児用だと結構恥ずかしかったりします。

余程高熱の時に限っては抗生剤などを服用しないといけない為、砕いてでもその苦い錠剤を飲む事にはなります。

ある程度熱が酷くない時は自分が粉薬と言うとケフレックスというオレンジの小児用を処方してくれます。

小児用は副作用も特になく、体にも優しいというのもあるので、自分的に何も問題はありません。

しかし病院的にはどうなのでしょうか?大人に小児用って出しても良いものなのでしょうか?

病院へ行く度に今まで結構な確率で小児用を出してもらっている傾向にあります。

やはり錠剤が飲めないというだけで大人用の薬が少ないのでしょうか?
毎回薬を飲む時って苦いとか飲みたくないって思うものですが、自分の場合は小児用なので、甘くて大変飲みやすいので助かっていたりします。

番外ですが、皮膚科や歯医者でも小児用となっております。
眠れなくて睡眠不足の時もシロップだった記憶があります。

小児用と相性が合うのか、都度都度毎回病院から貰って服用しておりますが、体はなかなか調子良いです。

けれどこれだけ小児用を渡されていると病院側から見るとまるで自分がお子様のように思われているような気さえしてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加